IKEDA隊長BLOG

ikeyan.exblog.jp

空間工房の珪藻土教室

昨日は、岡庭建設の家造り学校「珪藻土教室」が開催されました。
開催場所は、住まい手様のご行為により「ものみ台のある家」で行われました。

開催の経緯は近年、珪藻土という素材が多用される時代ではありますが、では
実際この「珪藻土」とはどのような素材なのか、メリットとデメリットは何なのか
を知っていただきたいそんな想いから開催いたしました。
また、近年自然素材が住宅へ普遍的に利用されるようになりましたが、まだ、住まい
ての方々が、使用しているまでにとどまり、手入れの仕方や、扱い方、いわゆる付き合い方
のほか、素材の特性を理解している方々が多くはありません。
このような場を通して住まい手様が自然素材を理解して自らの家に取り組んでいただければ
幸いです。

で、今回講師は珪藻土職人。空間工房の森本氏です。
このセミナーのために地元岡山県から朝早く飛行機に乗り、東京まで来てくれたのです(涙)

私隊長と、森本氏の出会いは、昨年東京のビックサイトで開催された「ジャパンホームショー」
でヤマトタテルの実大モデルを弊社で施工することになり、そのときのメンバーの一人が森本
氏でもありました。話が長くなるので、詳しくはヤマトタテルのHPへ
d0078178_971442.jpg

d0078178_972378.jpg

そして、今回はオブザーバーとして急遽、プレアセンターを設計された建築家の武山倫氏
もお越しくださいました。(弊社から近くにお住まいなので・・・笑)
武山氏は国内で販売される珪藻土について、含有量や化学物質濃度なども調査され
この素材についてよく理解されているひとでもあります。
その中で、森本氏が塗る「珪藻土 エコクイーン」は珪藻土を愛してやまない方々が作り
だしたとても良い珪素土であると挨拶と合わせて分析の内容を講義してくた。


さーそしていよいよ珪藻土教室の始まり。
まずは、講師森本氏より「珪藻土」についての講義です。
珪藻土は多孔質と言われるがどれほどの多孔なのかと、アナログ的(紙芝居的)に説明。(笑)
珪藻土の塗るべき部屋とは、家においての湿度とはなど、珪藻土の特性を講義。
珪素土のメリットはたくさんある。が当然デメリットもある。
それは、自然素材であるが上、そして左官材であるがうえ、割れやすいと言うことである。
この割れることを許容できない人は使わないほうが良いであろう。
が、それ以上に人間にとって快適な住空間を整えてくれるよさがある。
このことを天秤にかけ、選定していく。これが、素材を理解し自らの家に使用されていく
本当の姿なのです。
d0078178_984935.jpg

d0078178_974326.jpg

熱い講義も終わり、いざ塗り体験へ。
まずは、コテの使い方や塗り方などを、森本氏が説明。
皆初体験ともあり説明ともなると身を乗り出します。(真剣!)
d0078178_97339.jpg

そして、参加者皆様、塗り始め。
最初は、コテに珪藻土がつかない・・・
壁に塗ってものびない・・・・
なかなか進まない・・・・
という方もいれば、
サーっとうまく塗れてしまうしまう人もいたりと
様々なできばえでしたが、時間が経つにつれ、皆様手際よく塗れはじめました。
結局、参加者全ての方が見事に塗り上げられる結果となりました。(お見事!)

時間を遥かに越え、最後に皆さんに頂いた感想のお言葉が
「珪藻土という素材を奥深く学べたことがうれしかった」・・・多数
「エコクイーン珪藻土をぜひ自宅で塗ってみたい、それも自分で」・・・多数と

私どもが知って欲しいことを知っていただけたことは何よりも嬉しい事です。

本日得た知識を大切に、皆様の家造りに生かしていただければ幸いです。

隊長!


おまけ
d0078178_975667.jpg

こちらは、セミナー終了後の打ち上げです。
森本氏、建築家 武山氏と一緒に家造りに談義に花を咲かせました。
お二方に頂いたお言葉が、岡庭ユーザーは勉強熱心(質問も多く)素晴らしい、優秀だよね。
と嬉しいお言葉を頂きました。
この後、9時半の夜行バスに乗り森本氏は岡山へ向かったのでした。(涙涙・・。)


岡庭ファミリーのブログ(OBユーザー)紹介。

立川の家・・・・・・・・「たいいくかんはうす」 阿佐ヶ谷の家・・・・「CHIFFON CHIFFON」

白鷺の家・・・・・・・・「2DAY’S SHOP」 世田谷の家・・・・・・「MARRON HOUSE」

ものみ台の家・・・・・「おおきなきがほしい」 元八王子の家・・・・・「MOTO8の家」

みなとはうす・・・・・・・「みなとはうす」


見学会&イベントのお知らせ

土地情報コーナー
*弊社では、土地の情報も皆様にお届けしております。
 土地情報ご希望の方はこちらの情報シートご記入の上
お申し込みください。ファックスまたは、メールで 情報を
お届けいたします。


「2day’s shop」(住まい手イベント) 
開催日  :7月4日(金)5日(土)10:00~16:00頃 開催予定 
開催場所:中野区白鷺

「ものみ台のある家 完成見学会」 
~ソーラーれんと廃熱を利用する家  自分の街をながめよう~
開催日  :2008年7月5日(土)6日(日)開催 10:00~16:00 
開催場所:東京都西東京市


「そらまめの家 構造見学会」 
~国産材でつくるいえ  ソーラーれん~
開催日  :2008年7月5日(土)6日(日)開催 10:00~16:00 
開催場所:東京都西東京市


「Chiffon・Chiffonのガレージセール」(住まい手イベント) 
開催日  :7月12日(土)10:00~20:00頃 
開催場所:杉並区阿佐ヶ谷

「ものみ台のある家 完成見学会」 
~ソーラーれんと廃熱を利用する家  自分の街をながめよう~
開催日  :2008年7月12日(土)13日(日)開催 10:00~16:00 
開催場所:東京都西東京市


「家造り教室  家造りの順序を学ぶ」 
~いい家造りをまなぼう~
開催日  :2008年7月20日(日)開催 13:30~16:00頃 
開催場所:岡庭建設ショールーム


お申込はこちらからお願いします。
[PR]
トラックバックURL : https://ikeyan.exblog.jp/tb/8191861
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by YASU at 2008-06-30 10:55 x
先日、昨年に他社で新築した方から電話があり訪問してみてビックリ。エコクイーンを施工した和室壁の一部が石膏ボード下地になっていました。なんでも「入り隅部分にヒビが入ったので、大工さんに下地からやり直してもらった」とか。
確かに推奨する木下地(横胴縁@455)の施工はなかったのですが、施工した大工さんがかわいそうでした。
弊社で和室壁全面のエコクイーン施工を木下地からやり直してほしいとの事で、見積を提出した際に府中にあるメーカーのショールームに行って、高機能な長所と、割れやすいという短所を勉強するようにお話ししました。そうしたら施工の依頼はありませんでした。こんな事を言ったらなんですがホッとしました。
岡庭さんの取り組みは素晴らしいです!
遅ればせながら、私もブログ始めました。kyoyu.exblog.jp
Commented by kappaeko at 2008-06-30 22:26
昨日はありがとうございました。あれだけ熱心に語られたら、エコ・クイーンを選んで塗りたくなってしまいますよね^^珪藻土にも名前だけのものも出回っているので、賢く選ばなければいけないとわかりました。
今日夫が養生を1人で済ませました。(私は応援しながら2階でゴロゴロ‥)木曜日には復活して、頑張ります!!
Commented by okkikeda at 2008-07-01 09:13
YASUさん。損得無しに的確なアドバイスをすることはわれわれの責務
ですね。特に自然素材はまったく異なるそれぞれの特性がありますから、このことをきちんと理解してもらう。そのとき誰もがホットするんですね。伝えていきましょうね。!ブログ開設おめでとうございます。
早速リンクさせていただきました。
Commented by okkikeda at 2008-07-01 09:17
kappaekoさん。ご協力ありがとうございました。
「名前だけの珪藻土」。もう既に理解されていますね。
セミナーへ参加した意味があり嬉しい限りです。
奥様が風邪をひかれたとの事で、その分ご主人ががんばられたのですね。木曜日の本番塗りがんばってくださいね。!
by okkikeda | 2008-06-30 09:08 | イベント | Trackback | Comments(4)