人気ブログランキング |

IKEDA隊長BLOG

ikeyan.exblog.jp

北海道の工務店視察

この二日間、JBN(次世代の会)による北海道の優良工務店の視察が行われ
同会副会長を務めさせていただいている隊長も参加です

視察先は、三笠市と岩見沢市で家づくりを手掛ける武部建設さん。(写真中央が武部社長)

大工職人の育成、大工の技術力を発揮する家づくりと、技術のある大工職人になることで何に
でも対応できる適応能力を持つことができる!と武部社長。確かに加工場でも生き生きととした
若い大工たちが墨付けをしていて、大工を活かした家づくりが特徴のようです。
d0078178_930428.jpg

中でも特徴的なのが古民家再生住宅です。三笠事務所では広大な自社私有地をいかし、
古材をストックしています。
d0078178_930521.jpg
d0078178_931459.jpg

古民家解体の話が出ると、武部建設で解体を請け負い、自社のストック場に一棟丸ごと持ち帰る
そうです。北海道の地を活かした取り組みです。莫大な古材がストックされています。
これらを加工組み立てして古民家再生を手掛けるそうです。
d0078178_9481766.jpg

こちら(写真上)が同社の敷地に佇む古民家再生住宅「モダンクラシック」(モデルハウス)
昔の素材や技術。現代的な手法やデザインを織り交ぜつくりあげるのが同社の特徴のようです。
d0078178_9311768.jpg
d0078178_9312647.jpg

こちら(写真上2つ)は岩見沢事務所側にたつイベントホール「結ホール」
ここまでのイベント会場をもつ工務店がいるのだろうか・・・と思うほどでしたが
結ホールのもとの姿も、同社の工場であったそうです。それを道産材を利用しながら
見事な、イベントホールに再生したそうです。まさしく、デッカイドウ!ですね。笑
d0078178_9313773.jpg

二日間、広大な敷地に建つ自社建物以外にも、同社の手掛けたワイナリーや、個人宅など
計5件ほど見学させていただきました。

三角屋根の個人宅(写真上)は北海道ならではの断熱気密の高い住宅「Qワン住宅」
(Q値1.0と言う意味らしいです)も見学させていただきました。無暖房住宅を目指す
家とのことで、屋根には40センチ、壁には20センチ以上の断熱材が施工されている
そうです。屋根上の凸部が断熱材の厚みなのでしょうね。

お引渡しして1年ほどとの事ですが、高性能な住宅と創エネとなる太陽光発電等により
0エネルギー住宅を実現しているとのことでした。

地域は全く異なりますが、「人を育て継承する」「住まい手に喜ばれるこれからの住まい」
工務店の取り組みは共通点として学べることが多いです。そして、二日間に渡り武部建設の
取り組み、北海道住宅のを見学して、我々の今後の家づくりに活かされる大きなヒントを
得ることができました。


隊長
トラックバックURL : https://ikeyan.exblog.jp/tb/14418084
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by okkikeda | 2011-08-25 10:17 | SAREX・JBN | Trackback | Comments(0)