IKEDA隊長BLOG

ikeyan.exblog.jp

2012年 03月 11日 ( 1 )

あれから一年の日に

3月11日午後2時46分。私達、日本人にとって忘れられない日時となりました。
あれから一年を迎える2012年3月11日
偶然にも、阪神淡路大震災により被災した街を訪れています。
d0078178_1510195.jpg

1995年1月17日に被災した街を時間をかけ歩いてみました。
d0078178_1510216.jpg

d0078178_15102226.jpg

その当時の面影はほとんど残っていませんが、街一群が新しくなっている所や
大災害にも耐え抜き今も変わらず佇む家屋など、17年の歳月の中で、明日に向かって
歩んできた人の歴史が今ここにあります。
d0078178_15102340.jpg

しかし、月日が立つことに、この爪痕が風化してしまうことも事実です。
人々が生きて行く中で、いつ何処で幾度となく出会うかもしれない自然災害。
東北もそうですが、災害国日本にとっては、この様な傷跡が至る所にあると思います。
この教訓を風化させず生かし、後世に伝え災害に強い国づくりに活かさなければですね。
そして、改めて当たり前に生きていること、普通の暮らしができている事に感謝です。
2012年3月11日。多くの事に気がつかされ、考えさせられた午後2時46分でした。
黙祷。

隊長
[PR]
by okkikeda | 2012-03-11 15:04 | プライベート | Trackback | Comments(0)