IKEDA隊長BLOG

ikeyan.exblog.jp

「ブロードウェーミュジカルと岡庭の家」

昨日は人生発の「ブロードウェーミュジカル アカデミー賞VSトニー賞」へ!(EXシアター六本木)

と言うのも、この度のブロードウェーミュジカルの構成・演出、映画で言えば監督を努められたのが
現在おかにわで家づくり中(暮らしのプレイハウス)の、時枝正俊さんなんです。!

わくわく感一杯で芹沢隊員、設計を担当する持田隊員と共にいざ六本木へ!
d0078178_8354762.jpg

以前、時枝さんからはお話を聞いていましたが、映画界の最高峰、アカデミー賞と劇場界の最高峰
トニー賞に輝く映画や劇が一同にミュジーカルとして構成したらねー・・・と誰も考えつかないような発想
のテーマと演出を実現されたようです。

CASTも劇団四季、そして宝塚のスターが揃うとあって、会場700人が満員でした。
d0078178_8363131.jpg

その模様は、撮影できないのでお伝えすることは出来ませんが、ウェストサイドストーリーやアナと雪の
女王、オズの魔法使いなど、歌と劇、トークを交えるショーともあってとても楽しめます。
そして、この世界と言うものを知らずに生きてきた隊長にとって、新鮮かつこの世界の面白さ、そして
プロとしての技術や取組を目にすることが出来て、とても勉強になりましたー。
いやーミュージカルっていいですねーー・・笑
d0078178_8365678.jpg

公演後は、時枝監督を囲み記念写真を頂きました。
(中央:時枝正俊監督 右:ちあき夫人  最右:持田隊員 最左:芹沢隊員と時枝監督のご家族様)

貴重な経験と楽しい時間を過ごせた喜びと共に、このような偉大な方の家造りに携われることを
とても光栄に思います。


時枝さん、素敵な時間をありがとうございました!!!



隊長




  
[PR]
トラックバックURL : http://ikeyan.exblog.jp/tb/23225542
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from dezire_photo.. at 2016-06-24 09:33
タイトル : ミュージカルかファンタジー映画のようなバレエの舞台
バレエ『アラジン』Ballet"Aladdin バレエ『アラジン』は、現代屈指の物語バレエの振付家デヴィッド・ビントレーが新国立劇場バレエ団のために振り付けたバレエ作品です。空飛ぶじゅうたんやランプの精ジーンの登場シーンなど夢のある華やかな演出で、アラジンの人間的成長やジーンとの友情なども描かれており、舞踊を中心に文学、音楽、美術の4つの芸術が融合し、エンターテイメント性と芸術性が見事に調和した舞台でした。... more
by okkikeda | 2016-06-16 09:03 | イベント | Trackback(1) | Comments(0)