IKEDA隊長BLOG

ikeyan.exblog.jp

「こもれびとの家」~はじまる~

また一つ新しい家づくりが中野区ではじまります。

「こもれびとの家」〜立木が眺められる暮らし〜

閑静な住宅街で始まる都市型の家造り

東西に長い敷地を活かすと南側にある隣接住宅との距離が縮まってしまいます。

当然、それだけ日照が得られにくくなる、これが都市部の住宅地らしい条件です。
d0078178_1674169.jpg

その中で日の入り方や、日の当たり方を大切に考え勧められてきた「こもれびとの家」。

家族の集うスペースリビングを2階に配置してより日照環境の良い空間をつくっています。

立ち並ぶ周辺環境の住宅の谷間から得る陽差し

敷地条件を活かし、隣接の住宅と建物を少しずらすことでより「陽ざし」が入られやすくなります

道路や、周辺敷地の「アキ」を利用する「陽ざし」

少しめ、屋根に近い壁面から取り込む「陽ざし」など様々な工夫がされている住宅です



「木漏れ日」とは、木々の合間から指す光のこと

木漏れ日の得られる明るさと、影により空間やそのシーンに「美」が生まれます

「こもれびとの家」は、そのような「木漏れ日」により

「陽」と「美」を取り込み暮らしを演出していく

木漏れ日を通して、「陽」と「美」を生み、そして

「人」に豊かな暮らしと心を生み出す

そのような想いからつけたハウスネーミングです。

d0078178_1674423.jpg



都市部では高木は植えにくいですが、2階のデッキを貫通することで、リビングからも

植木を眺めることがでるそのような暮らす楽しみの工夫を施したお宅です!


本日は地鎮祭が、好天の中執り行われました。お施主様おめでとうございます。

さーこれより豊の暮らしの器が形になりますね!

私たちも楽しみです!
d0078178_1671341.jpg



「こもれびとの家~立木が眺められる暮らし~」東京都中野区
設計:池田浩和  安井敦子  工事:高野実



隊長
[PR]
トラックバックURL : http://ikeyan.exblog.jp/tb/18887834
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by okkikeda | 2013-06-01 16:42 | 家造り | Trackback | Comments(0)