IKEDA隊長BLOG

ikeyan.exblog.jp

おかにわファーム~マルチ張り~

おかにわファームも2週目を迎えました。
今回は種まき準備でマルチ張り(ビニールシートを張り成長をそくします)。まずはレクチャーを受けます。

次週は大根、ズッキーニ、レタス、サトイモ、ごぼう、枝豆を植えますがその準備をしっかり学びます。
d0078178_22472863.jpg

さーいよいよスタート。おかにわファームにて、まずは家の工事のように位置出しを行います。しかし広い・・
d0078178_22473731.jpg

位置出しが出来たら、足あとをつけ、歩行可能な位置を記します。
d0078178_224748100.jpg

それが終わると、いよいよ鍬入れ。まず最初は、大根を育てる準備です。農家さんがまず鍬の使い方を
レクチャー。流石、桑の鋤き方、土に触れる音が気持ちよく聞こえます。

最初は力が入っていましたが、岡庭ファミリーの皆様も徐々に鍬の振り方、力の配分など上手
くなっていったようです。
d0078178_22475947.jpg

鍬で概ね形が出来たら、レベル(土を平らにすること)をならします。
このレベルが悪いと野菜等の育ちに微妙な差が出るそうです。
土をならしたら、いよいよ穴あきマルチ(ビニールシート)を敷いて行くのです。
レベルがいいほどマルチがピーンと張ります。
農家さんいわく、風が吹いた時にこのマルチがなびかないほど腕が良い事を示すそうです。(なるほど・・)
なびくと風にも飛ばされるらしいです・・・。手ほどきを受け皆でマルチを敷いていきます。
レベルとマルチの張り方。ここが野菜の生長美味しさに左右される重要な準備。勉強になります!
d0078178_22481066.jpg

大根の穴あきマルチを完成させたあとは、ズッキーニ、続いてレタスのマルチ張りを行います。
レタスは蒲鉾形に土を盛り上げマルチを敷いていきます。
透明なシートは雑草が生えやすいので、小さな面積に適しているらしいです。
逆に黒色マルチは、雑草が出にくく大きな範囲に適しているそうです。
成長にどれだけの差が出るか、1エリアは透明に、2エリア目は黒マルチにしてみました。(笑)
d0078178_22482148.jpg

そして、準備完了。!マルチもいい具合に敷けました。これでもおかにわファーム菜園面積の
1/4の準備が完成したまで。(広い・・・)
次週はいよいよ種まきの開始と残り1/4の野菜の準備にかかります。

岡庭ファミリーの皆様も、野菜の育てるコツや、自給自足の楽しみを一緒に楽しまれています。
隊長も、完全にはまっていますが・・・(笑)
d0078178_22484288.jpg

d0078178_23162397.jpg

本日の準備終了後に、農家さんから、なんと育った株を譲って頂きました。ずぼっと抜い
てい子供たちも大喜び!野菜を育てる楽しみを更に知ってもらえたかな。
d0078178_22485150.jpg

最後は岡庭ファミリーのみんなで、株をもって記念撮影!

次週の種まきがんばるぞー!!


隊長




d0078178_11251471.gif

ツイッター 隊長のつぶやきは@ikeraまで!

d0078178_1228272.jpg


「2010 岡庭建設 グッドデザイン賞を祝う会」の模様が記事となり公開されました。

住まい手様、仲間たちと共に祝った一日

全31Pに渡る大作です。

私たちにとって記念すべきその一日をご覧下さいね。

「a house of colla:j-VOL7  みんなに贈るグッドデザイン賞」


隊長の現場で見つけた美味しいお店<食べログ公開中>皆さんのお宅のそばで食事中(笑)

西武池袋線保谷駅前建設中 保谷大勝軒の食ログ情報はこちら新店舗は6月中頃OPEN予定。
隊長の一日を追う取材「a house of colla:j」はこちらをご覧ください。

隊長と住まい手様の家づくりエピソード「木の家ものがたりVOL11」をご覧になる方はこちら

隊長出演:長期優良住宅の概要やポイントの説明映像はこちらから

みんなでつくる家 チームおかにわのブログはこちらから

みなさまの家づくりを伝えていく現場ブログがスタート!

みんなでつくる家 岡庭の見学会&イベントの情報はこちらから

d0078178_22582176.gif

d0078178_92154.jpg

「東京家づくり工務店の会」のホームページ

[PR]
トラックバックURL : http://ikeyan.exblog.jp/tb/13176454
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by okkikeda | 2011-03-19 22:52 | 岡庭ファーム | Trackback | Comments(0)